リプロスキンが断ち切るニキビの原因に乾燥

大人ニキビの原因として挙げられるものの1つが、乾燥です。
ニキビの原因と聞くと、皮脂や汚れといったものをイメージしがちなので、「乾燥」が原因になるというのは不思議ですよね。
乾燥がなぜニキビの原因に!?
まず、乾燥がニキビの原因になる大きな理由は、肌の表面のバリア機能が低下してしまうことにあります。
水分と油分のバランスが整った肌は、肌表面にバリア機能が働いており、外的刺激や雑菌などから守ってくれます。
ですが乾燥した肌では、このバリア機能がうまく働かず、ニキビ菌の影響も受けやすくなってしまうのです。
また、肌が乾燥してしまうと、肌のターンオーバーも低下してしまいます。
ターンオーバーが低下すると、ニキビの原因である古い角質が肌表面に残りがちになってしまうのです。
乾燥が始まるとどんどん悪循環に!
肌が乾燥してしまい、ターンオーバーが低下すると、古い角質で肌の表面が固くなってしまいます。
そのような状態を解消しようと、慌てて化粧水などで潤いを補給しようとしても、うまく入っていかない感覚を感じることもありますよね。
肌の表面だけがベタベタとして、内部には浸透していかない感覚。
これは、古い角質が成分の浸透を阻んでいるからなのです。
つまり、乾燥により古い角質が残りやすく、
古い角質により化粧水が浸透しない、
さらに乾燥が進むという悪循環が始まってしまうというわけですね。
悪循環を断ち切るリプロスキン
そんな困った悪循環を断ち切る働きをしてくれるのが、導入型柔軟化粧水リプロスキンです。
これを普段のケアの前に塗布すれば、その後の化粧水や美容液の浸透力が格段にアップします。
リプロスキンでのケアを取り入れるだけで、悪循環を断ち切り、ニキビができにくい健やかな肌に導くことができる、というのは非常に魅力的ですね!
たった1ステップの簡単ケアを取り入れて、ニキビができにくい健やか肌への第一歩を踏み出してみましょう!